一般的なかぶれというのは、まず痛痒さを伴う発疹が現れます。急性期にはブツブツ、ジュクジュクしていて赤く、慢性期にはガサガサ、ゴワゴワとした厚い皮膚になり、さらに赤みが増してきます。

かぶれは意外と厄介もの

 

日常生活において皮膚がかぶれたという話は、よく耳にすると思います。
では、実際にかぶれるとどうなるのでしょうか。
一般的なかぶれというのは、まず痛痒さを伴う発疹が現れます。急性期にはブツブツ、ジュクジュクしていて赤く、慢性期にはガサガサ、ゴワゴワとした厚い皮膚になり、さらに赤みが増してきます。
これらのかぶれが起きると痒さに耐え切れず、引っ掻いてしまいます。
よく幼少のころ痒い所を掻き毟って、注意された経験はないでしょうか。
引っ掻くことは、他の部位にまで症状を広げさせ、悪化させる要因となっているのです。
さらに、かぶれには痒みだけでなく、火傷のような水ぶくれや火照りを感じるケースもあります。
かぶれの箇所が熱感を帯びることによって、全身がだるさを感じたり、寝付けなくなってしまうなど辛い症状が起きてしまう方もいるようです。
たかがかぶれ、と侮っていると大変なことになってしまいます。

ブログ

Copyright © 皮膚のかぶれ解決ノウハウ All Rights Reserved.