一般的なかぶれというのは、まず痛痒さを伴う発疹が現れます。急性期にはブツブツ、ジュクジュクしていて赤く、慢性期にはガサガサ、ゴワゴワとした厚い皮膚になり、さらに赤みが増してきます。

かぶれと湿疹の違いはあるの?

  • HOME »
  • かぶれと湿疹の違いはあるの?

かぶれと湿疹は仲間

 

湿疹とかぶれの違いとは何でしょう。
そもそも大して違わないのではないかと思っている方が殆どだと思われます、
まず湿疹とかぶれは、皮膚に炎症の起きる病気という意味では同じなのですが、湿疹の定義はかぶれよりも曖昧だと言われています。
その理由として湿疹は、皮膚に炎症が起きる病気を総称していいます。
そのため患部の境目があまり明確ではありません。
それに対し、かぶれは湿疹の種類の一つとして挙げられ、正式名称は「接触皮膚炎」といいます。
名前の通り外部からの接触が原因とはっきりしている場合のことを表し、湿疹より具体性を感じられます。
症状についての違いは、ほぼありません。
しかし、湿疹はただ肌が赤くなり痒みがでることを指し、かぶれは炎症や患部の症状が悪化する傾向にあり、痛みも伴うことが多いようです。

 

Copyright © 皮膚のかぶれ解決ノウハウ All Rights Reserved.