一般的なかぶれというのは、まず痛痒さを伴う発疹が現れます。急性期にはブツブツ、ジュクジュクしていて赤く、慢性期にはガサガサ、ゴワゴワとした厚い皮膚になり、さらに赤みが増してきます。

かぶれると皮膚はどうなる?

  • HOME »
  • かぶれると皮膚はどうなる?

皮膚がかぶれると、皮膚に赤いブツブツ上の斑点や水疱などの発疹がでます。

かゆみや痛みをともなう症状が現れます。
かぶれの特徴は、そのかぶれの原因物質が直接敵に触れた部分にだけ
症状がおこります。
原因物質が肌を刺激した場合、すぐに症状がでます。
遅くても翌日には発疹がみられます。
またアレルギー性の場合には、一度触れただけで反応がでるのも
また何度かにわたって触れるうちに、後々に反応が現れるの場合が
あります。
かぶれがひどい場合には水疱ができるだけでなく、熱を帯びることもあります。
かきすぎると、それは痛みにかわりとても辛い状態がおこります。
かぶれたところ意外にも、
原因物質が触れて掻いたその手でほかの部分触ってしまった場合
その部分にもかゆみが広がると考えられます。
よくあるのは、強い刺激の洗剤で掃除していたら、かぶれてしまった
ということです。
また輪ゴムをつかったら、ゴムでかゆみが出たなど。
元の原因がはっきりしているのがかぶれなのですね。

Copyright © 皮膚のかぶれ解決ノウハウ All Rights Reserved.