一般的なかぶれというのは、まず痛痒さを伴う発疹が現れます。急性期にはブツブツ、ジュクジュクしていて赤く、慢性期にはガサガサ、ゴワゴワとした厚い皮膚になり、さらに赤みが増してきます。

何がかぶれを守っている?

  • HOME »
  • 何がかぶれを守っている?

皮膚の油分は大切なキーワード

 

私達の体の表面を覆っている皮膚には、水分を保持したり、異物が侵入するのを防ぐバリア機能があります。

その中でも大切なバリア機能を持っているのが、皮脂膜に含まれる油分です。
皮脂膜には弱酸性の油分があり 、水分の蒸発を防いでくれます。
常在菌と呼ばれる善玉菌が悪玉菌を攻撃したり、紫外線などのカットもしてくれるのです。
また、角質もかぶれからのバリア機能を持っています
角質と聞くとあまり良くないイメージがあると思いますが、角質層に含まれる細胞間脂質は水分保持のためのセラミドが含まれているのです。
そのため角質を除去しすぎると乾燥肌になってしまい、かぶれが起きやすい状態を作ってしまいます。
このようなバリア機能が常に働いている状態でいられるように注意 しましょう。

Copyright © 皮膚のかぶれ解決ノウハウ All Rights Reserved.