一般的なかぶれというのは、まず痛痒さを伴う発疹が現れます。急性期にはブツブツ、ジュクジュクしていて赤く、慢性期にはガサガサ、ゴワゴワとした厚い皮膚になり、さらに赤みが増してきます。

湿疹はなぜ起こる?

  • HOME »
  • 湿疹はなぜ起こる?

身近に潜んでいる原因

 

湿疹には多くの種類があり、症状もそれぞれ違います。
湿疹であることは判断できても、具体的に何が原因だったのか調べることはなかなか難しいものです
主に湿疹の原因は、体外と体内に分けられます。
体外からの原因には、金属、衣服、薬、食べ物、花粉、ハウスダストなどのアレルギーや細菌、カビからの感染症があります。
体外要因は、原因を知ることで湿疹を防ぐことができるため、パッチテストをするなど自分の皮膚がどんなものに反応を起こすのか確かめておく必要があります。
そして体内からの原因には、ストレス、体調、アレルギー体質、発汗力、皮脂分泌量などがあります。中には遺伝によって湿疹が出やすい方もいると思います。
このように原因は幅広くあり、気をつけていても湿疹が起きてしまうのは仕方がないでしょう。
原因が分かった上での対応ができるようにすることが重要です。

Copyright © 皮膚のかぶれ解決ノウハウ All Rights Reserved.